宝塚観劇の日々

宝塚と観劇の日々

宝塚を中心に観劇の感想などを備忘録的に。。。

新生雪組 全ツ「ル・ポァゾン 愛の媚薬 -Again-」観劇

せて、続いてショーの感想になります。

今回のショー「ル・ポアゾン 愛の媚薬」は過去に何度か再演されているショーらしいのですが、ま、とーぜん私は見たことがなく。
というか、個人的に私ロマンチック・レビューそんなに得意じゃないんですよね。苦笑 

 f:id:annakobayashi060:20210614202908p:plain

とはいえ、観劇した後はもう~「ル・ポァゾン」が頭の中でエンドレスリピートですよね。苦笑
この曲、昔の歌謡曲とかと一緒ですごい耳に残るんですよね~。

すわっち(諏訪さき)演じる吟遊詩人と全編通してアルルカン役の組長 奏乃はるとさんの場面で幕が上がるのですが、幕が上がりプロローグが始まるわけですよ~
『ル・ポァゾン~♪』って。笑。
ちなみに、この場面でのお歌を任されていたのは希良々うみちゃん。
お芝居「ヴェネチアの紋章」のでのプロローグを任されていたのはありすちゃん(有栖妃華)でしたから、雪組には結構下級生にお歌が上手な娘役さんが揃ってるんですね~
夢白さん(夢白あや)も高音域(肺活量?)は辛そうだけど、伸びしろを感じさせるし。

しかし、ややアダルティな場面のプロローグの後には、これぞロマンチック・レビューって感じの「愛の歓び」場面のさききわのピュアさ加減よ。ゆめゆめしいわ。笑
こんな小中学生女子がときめくような乙女乙女な場面があるかと思えば、この後にはバットパワーなるジゴロ?の場面がありますからね~

まぁ、立派な成人女子の私は、当然バットパワーからの2場面の方が好きですが。苦笑
彩風アダムを中心としたスーツ男役の場面もテンポも良いし好きですが、朝月イヴの濃密なダンスも大好きです。笑
アダムとイヴのふたりで会うはずが、最初アダムが他の女性たちと絡んでるもんだから、ジェラってるイヴ希和ちゃんが可愛い~笑

そういえば、この場面の後にすわっちがセンターで歌い、男役さん女役さん4人ずつでのダンスの場面があるのですが、最後の辺でセンター下手側で『炎のボレロ』から注目している汐聖風美くんが踊ってるんですが、結構凄いことしてて相手役の娘役は誰なんだろう~?って思ったら夢白さんでした!
夢白さんって、凄い踊れる人なんですねっ!知らなかったー!
(そして、黒髪ショートだと雰囲気もだいぶ変わるんですね)


大人な場面が続いた後には、若者の場面(笑)「若さ、スパークリング!」
お気に入りの一人まのみー(眞ノ宮るい)を中心とした多場面ですが、こちらに出ている男役さんは結構歌えるメンバーみたいで、特に前作『fff』から気になっている聖海由侑くんの歌声を始めて聞いたのですが、結構いい声してて歌もお上手そう。
これは今後に期待だ。笑

闘牛士の光と影を、咲ちゃんあやなくんで描く「愛の葛藤」
こちらは、まぁ、私咲ちゃんのマタドール姿好きだし、ダレトク?俺得?って感じですよね。笑
あやなくんとのシンメも凄いいい感じだし。
お芝居でも思ったけど、咲ちゃんとあやなくんって似合うね。

白燕尾で踊る男役さんも素敵だったし。
まさかりさちゃん(星南 のぞみ)のお歌が上手になった?っと錯覚させられる(←失礼 苦笑)最後の場面も上手くまとまっていてよかったな。

お芝居の「ヴェネチアの紋章」でも感じたけど、ホントトップが変わって、抜擢される生徒さんの顔ぶれも変わってきて、新しい雪組の始まりだなぁ~とつくづく感じました。
今後の雪組さんも楽しみだ♪


あっ、強いて言えばすわっちが抜擢されすぎて、もうちょっと他の男役さん、叶ゆうりくんとかの歌声も聞きたかったかな。苦笑



ロマンチック・レビュー『ル・ポァゾン 愛の媚薬 -Again-』
作・演出/岡田 敬二
        にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
     にほんブログ村