宝塚観劇の日々

宝塚観劇の日々

宝塚を中心に観劇の感想などを備忘録的に。。。

月組エリザベート役替わりAと、休演

少し前になりますが、ちゃぴ(愛希れいか)の退団公演エリザベートを再び観に行ってきました
本作は基本的にルドルフ皇太子が役替りとなるのですが、今回はありちゃん(暁 千星)がルドルフとなるパターンAを観てきました。

 f:id:annakobayashi060:20180804233226p:plain

前回の観劇から少し経つ事もあって、また、新人公演を挟んだこともあり、やはり組子の演技などに変化が見られたような気がします。


個人的に大きな変化を感じたのはみやちゃん(美弥るりか)演じるフランツでしょうか。

まぁ、演技とかもろもろのことって見る側のこちらの状態にも多少影響があると思うのですが、前回見たときと結構フランツの印象が変わったかなぁ。
エリザベートへの愛が、暖か味が感じられないと思った前回の観劇とはうって変わって、今回観たみやフランツからはシシィに対する愛がちゃんと感じられました。


一番印象に残ったのは、すーさん(憧花 ゆりの)ゾフィーとちゃぴシシィとのガチンコバトル。
なかでも1幕の「皇后の務め」は凄い。すーさんの意地悪振りがますますヒートアップしてて、あんなに強そうな印象のちゃぴのことを可哀想だと思えてくるんですよ

ありちゃんルドルフはこれまでの組内での扱いからくるのか、皇太子が良く似合っててね。さすが月組の王子様って感じでした。

 

--------------------------------------------

と、ここまで、感想を書きかけていたのですが、今朝飛び込んできた衝撃のニュース。
私は宝塚歴が短いので、ここまで番手が上の生徒さんの休演はほぼ初めて。
みやちゃん、2番手ですからね。

昨年の雪組さきちゃん(彩風咲奈)休演、一昨年のしょうちゃん(彩凪翔)含む雪組生のインフル休演者続出とか経験したけど、今回はトップ娘役の退団公演で、しかも、演目はドル箱作品「エリザベート」しかも、その夫、フランツ役ですからね。

舞台に与える影響はきっと大きい。

でも、なによりも、みやちゃん自身が一番辛くて悔しいと思う。
そしてもちろん、みやちゃんファンも。

何でも、昨日の公演から喉の調子が悪かったとかで、お歌の部分は吹き替えだったそうですね。

お歌の吹き替えとか、ビックリしたのですが、過去にもあるみたいで。
古くからの宝塚ファンの友人が過去に吹き替えで公演された作品を観劇した経験があったそうなのですが、もう、それはそれは辛かったそうで。歌の場面のたびに号泣していたそうです。(今でも思い出すだけでも泣けてくるといっていました)

 

この3連休、きっとファンの中には遠征して何度か観劇予定を入れている方もいらっしゃると思うのです。
そのファンの方たちを思うと(自分をその立場に置き換えて考えると)本当にツライ。

ムリはなさらず、みやちゃん自身のお身体を一番に考えて静養して欲しいですが、
と、同時に、一刻も早いご回復をお祈りいたします。

 

 

 

 

         にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

     にほんブログ村