宝塚観劇の日々

宝塚観劇の日々

宝塚を中心に観劇の感想などを備忘録的に。。。

生田先生のコネクション

来年冬の花組公演の全楽曲をフランス人作曲家ドーヴ・アチア氏が担当されることが発表されましたね。

  f:id:annakobayashi060:20170508165814j:plain

---------------------------------------------------------
宝塚歌劇では、花組宝塚大劇場東京宝塚劇場公演(2019年2月~2019年4月)の『CASANOVA』において、ドーヴ・アチア氏に全楽曲をご提供頂くことが決定しましたのでお知らせ致します。
---------------------------------------------------------

昨年の雪組ひかりふる路」でも、フランク・ワイルドホーン氏に楽曲提供してもらったり、演出家の生田大和先生はホントなにかコネクションでもあるのかしら???

ワイルドホーン氏はいわずもがな、世界的に有名なミュージカルで活躍する作曲家ですが、アチア氏も近年日本でも公演されてきた「1789」や「太陽王」そして「ロックオペラ モーツァルト」を手掛けられた作曲家。

宝塚版でアチア氏のミュージカルが公演されてきた過去があるといっても、その殆どが小池修一郎先生の潤色によるものだから、生田先生との接点はないようにも思えるんだけど。
でもよく考えたら、生田先生って、よく小池先生の演出助手をされているんですよね。
その際に、アチア氏と知り合う機会でもあったのかしら
それとも、ワイルドホーン氏とか、ドン・ジュアン演出時にお会いしたフェリックス・グレイ氏とかが紹介した?とか?
(そういえば、フェリックス・グレイ氏は生田先生のことべた褒めでしたね)

なんにせよ、なんだか気になる生田先生のコネクション


しかし、花組公演が1本ものでアチア氏提供楽曲なら、去年の「ひかりふる路」もワイルドホーン氏で1本ものが良かったよ。。。。



        にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
     にほんブログ村