宝塚観劇の日々

宝塚を中心に観劇の感想などを備忘録的に。。。

宙組公演 クラシカル ビジュー

ショーは、クラシカルビジュー(宝石)ってことらしいのですが、観劇後に振り返ってみると全体的にしっとりとしたショーだったって印象でした。

あと、気のせいかもしれませんが、歌がない場面が多かったように思いました。

  

   f:id:annakobayashi060:20170903150120j:plain

宝塚初心者の私ですが、その中でも宙組は超初心者の私。そんな私でも、やっぱりプロローグが盛り上がる~って事は感じました。

シルバーのお衣装を着られた組子の皆さんと、組子を背に銀橋を渡るまぁ様(朝夏まなと)華やかですね~ *´∀`)

ただ、プロローグのシーンの娘役さんのお衣装が、なんか変(−_−;)

いや、個人の好き嫌いもあるのかもしれないけど、あの肩についてるボンボンみたいなのは???(~_~;) 近くで観たらもっと可愛く感じるのかな?

 

華やかなプロローグが明けるとあいちゃん(愛月ひかる)率いる探検家たちの冒険の場面。1幕でラスプーチンを怪演していたとは思えないくらい、あいちゃんドジでかわいらしい(*´∀`*)

海に落ちたあいちゃんたち探検家が出会うのは、深海のお姫様まどかちゃん(星風まどか)たち美しい美女たち。浦島太郎的な?展開?と思ったけど、戦ってるようにみえました。笑

しかし、この時のまどかちゃん、かわいいですね~(*´∇`*) ピンクのお衣装がとってもお似合い。お歌も上手だし。

 

探検家さんたちからこの深海のシーンまでは、けっこうわちゃわちゃしてますが、その後は、まぁ様のカッコいいスーツのシーン

1幕同様、こちらでもまぁ様と絡むのはうらら(伶美うらら)。

この時のも綺麗でまぁ様とも合ってましたが、このシーンで初めてうららの歌声聞いたかもー(苦笑

なにやら、歌は壊滅的とかって聞いてたのですが、そこまで酷くは感じませんでした。まぁ宝塚娘役的には裏声歌唱できない時点でアウトですよね。たぶん。

私が聞いたのはワンフレーズだけだったので、なんとも言えないですが、確かに地声歌唱でも上手とは言えなかったかも・・・・というか、音域が狭そうだなぁと思いました。

 

まぁ様と真風(真風涼帆)が絡む場面があると友人から聞いていたのですが、去年の雪組公演と同じ演出家の稲葉大地先生だし、「Greatest HITS!」での鏡のシーンみたいなのを想像していたのですが、お衣装以外はなんか結構受ける印象が違いますね(いや、当たり前か)

なんというか、確かに、あのリフト?は必要だったのかなぁ・・・・と思っちゃいました。すごいとは思うけど、でも、必要なの???(素人にはわからんです)

 

中詰めでは、銀橋を渡る生徒さんたちがそれぞれにイメージした宝石を手に登場します。なかには持ちにくそうなアイテム(形)もあって、大変そうだなぁ(^^;;

しかし、組子全員がステージに上がるとさすがに迫力がありますね〜。たしか、宙組ってほかの組よりも人数が多いんですよね。その上、最近観劇した舞台が別箱公演(宝塚の専用劇場以外の公演)で、組子の人数も半分とかだったので、余計に人数から受ける物理的な迫力を感じました。いや、だって、もう、ステージが狭く感じましたもん。人が多すぎて。苦笑

 

 ロケットを挟んで、怪盗真風とうららの場面、そこからまぁ様の場面へと繋がっていきます。真風、やっぱりカッコいいですね。でも、意外とねっとりとした歌唱をするんだなぁ。こうして振り返ってみると、退団するからでしょうか、うららの出番が気がします。いや、今作で退団されるほかの組子も多く場面をもらってるのかもしれませんが、なにぶん、宙組の知識が乏しいから。。。私。苦笑

まぁ、でも出番が多くても歌ってないところが、(彼女の得手不得手を)先生方わかってるのね~と思ってしまいました。(^-^;

 

 

黒燕尾の前半のシーンが、やっぱり少し寂しかったですね。

男役、朝夏まなとここに極まれり!っといった感じでカッコよく燕尾服を着こなしていたのですが、トップ娘役不在ということで一人でダンスされるシーンが長くて・・・やっぱり切ない。(これが友人が相手役がいないことに不満を抱いてい原因なんのかっ?!)

そのかわり、男役大集合してからの燕尾の場面はカッコ良かったですよ。

よく宝塚のショーの好きな場面に黒燕尾をあげられるファンの方がいらっしゃいますが、最近その気持ちが分かるようになりました(←遅い。苦笑)

 

あまり観る機会がなかったまぁ様率いる宙組でしたが、最後に観ることができてよかったなぁ~と思いました。

 

 

 

 

レヴューロマン『クラシカル ビジュー』
作・演出/稲葉 太地

        にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
     にほんブログ村