宝塚観劇の日々

宝塚初心者ですが観劇の感想などを備忘録的に。。。

新生雪組 だいきほプレお披露目公演<“D”ramatic S!>

さて、新生雪組の全ツ観劇の感想の続きです。

 

ついこの春、前雪組トップコンビ ちぎみゆ(早霧せいな・咲妃みゆ)の退団公演としてムラ(宝塚大劇場)で観ていたショーが、新トップコンビ だいきほ(望海風斗・真彩希帆)のプレお披露目公演のショーで再演されるとか、なかなか凄いなぁと思います(複雑)

特に東宝東京宝塚劇場)では、約1ヶ月前まで公演してましたしね。

なかなか、気持ちの切り替えが大変だわ。と思いましたが、全ツ(全国ツアー)は基本過去の大劇場でのショーを再演されますもんね。

ちぎちゃん時代のショーは地方公演とか全ツで再演されてるから、なかなか難しいんですかねー?(仕組みがよくわからない)まぁ、前の公演(東宝)の千秋楽から考えたらお稽古期間短いですしね。組子に対する配慮なのでしょうか。

 

でも、まぁ、個人的はムラで数回観てきた作品の再演だったので、既に曲は大体わかってるし、今回の全ツで変更になった場面などをある種見比べながら楽しんじゃいましたo(^◇^)o

 

 

  f:id:annakobayashi060:20170806234042j:plain

ショーのタイトルは、ちぎさんが"S"を手書きされていた時同様、今回は"D"の文字がだいもんの手書きになってますね。ってか、だいもん、Dの字めちゃ上手ですよね〜

最初見た時、ホントのロゴかと思いましたもん。 ここでもだいもんの生真面目さが出てるんでしょうか。苦笑

 

以下、大劇場公演からの変更点を含むネタバレしております。

 

プロローグから、だいもん(望海風斗)が聞かせてくれます。

もぉ〜ねぇ、1幕で見せたDT感はどこへやらですよ。苦笑

最初からド迫力です (*≧∀≦*)

雪組って、他組に比べると人数が少ないんですよね。その上今回は全ツ組とネモ組に別れてるから、より少人数なわけですよ。

お芝居でも作品によってはそうですが、特にショーだと人数で魅せる群舞とか不利じゃないかなぁ〜と思ってたんですよ。

でも、全然大丈夫でした!(^O^)凄い盛り上がったし、楽しかったーーー!!

 

全ツではどうなるんだろう〜?と思っていた、ゆうみちゃんの例の歌詞は曲と共に変更されてました。

だいもんときいちゃんで作る愛の雪の景色って感じ。

さすがに"S"はイニシャルのSってわけにはいかないから、SnowのSって感じでしたよね。まぁ、雪組だしそれも良かったです〜

 

全ツ恒例の客席降りですが、トップが変わったから?だいもんの影響それとも全ツだし単純に組子が頑張ってるだけなんでしょうか

個人的に雪組生はこんなにウインクとか飛ばすイメージなかったのですが、だいもんを筆頭に、組子の釣り師具合が凄かったです〜(≧∀≦)キャ

ちなみに客席降りはプロローグからの新場面と、中詰めとの2回ありました。

 

プロローグの続きから、だいもんソロで客席降り、カリたち若手の場面とブライアント先生の場面がまるっとなくなって、

その代わりに、だいもんのソロ&ショースターショー こと 翔ちゃんの場面に変更されてました(*^o^*)

こちらも、スピーディーな曲に合わせたナギショーがカッコ良かった(*´∀`*)

もちろん、 翔ちゃんもウィンク飛ばしますよっ(//∇//)

 

パリの場面(サプール)は、全ツ用のプチ場面になってました。(いや、人数とセット的な意味でね)

きいちゃん(真彩希帆)、この短期間で歌い方を変えて来てたのにビックリ。いや、東宝から既に違ってたのかもしれませんが。トップ娘役になったとはいえ、まだまだ色々と試行錯誤されてるんでしょうかね。

 

プロローグなどもそうですが、中詰めは1番わかりやすくみんなの歌が変更になってました。

彩風咲奈 → まなはる(真那春人)

彩凪翔 → カリ(煌羽レオ)

香綾しずる → おーじ君(桜路薫)

早霧せいな → だいもん(望海風斗)

望海風斗 → 翔(彩凪翔)

これ以外も意外にちょこちょこ変更あった思います。人数も少ないし、だいもんと翔ちゃんとかが、割と長めだったかな。

 

だいもん と きいちゃんで、新場面のデュエットソング

しっとりとしたドラマティックな曲に乗せて美声を聴かせてくれます(*´꒳`*)

だいきほ、やっぱりお似合いですね(´∀`)

 

ロケットボーイはひとこ(永久輝せあ)から、陽向春輝くんへバトンタッチ。ひなたくんは、まだ研5みたいです。どおりで若いっ!大役ですね。頑張ってました。

 

りさちゃん(星南のぞみ)を中心としたロケット。前回見たのが、103期生も含めたロケット(ムラ観劇)だったので、どうしても人数上こじんまりとしてましたけど、でも、可愛かったしみんな笑顔で一生懸命やってて良かったです。

 

絆の場面が希望の場面へ

良い曲と歌詞なのにプログラムに歌詞が載ってないのが残念 (´・_・`)

(見返してみたら幕末太陽傳のプログラムにも絆の歌詞載ってなかった)

 

ゆうみちゃんを中心とした娘役さんたちの場面が、きいちゃんを中心とした場面へ

(曲も歌詞も違う)なかなか、難しそうな曲を小粋にきいちゃんが歌いこなしてました。

 

人数が少なくなっても、黒燕尾(ベサメムーチョ)とコーヒールンバはカッコいい。

でも、中詰めとかもそうですがこの場面でもステージ映えする咲ちゃんごいないのが残念って思ってしまいました(^^;; まぁ、ネモ組で主演してるからしかたがないですけどね。

前回の公演でトップふたりもそうですが、別格スターが退団してしまったのも大きいですね。

 

デュエットダンスも凄かったですね〜(*´∀`*)

ダンス、歌はもちろんなんですけど、だいもん自ら歌いながらデュエダンしてたのがビックリ。なのに、そのどれもちゃんとしてるっ!どんなけ凄いのっ?!だいもん!

リフトもなんか、くるくる回してましたね〜

 

フィナーレのパレードでは翔ちゃんがプチ羽根(3番手羽根?)しょって降りてきました。翔ちゃん、おめでとう(*^▽^*)

きいちゃんの衣装が豪華なウエディングドレスの様できれいでした。だいもんも同じような白いお衣装で、今回ごプレお披露目公演ってこともあるので、なんか、ホント、結婚式みたいでした(//∇//)

個人的にはだいもんに白いイメージも白い衣装が似合うイメージがなかったのですが、全然大丈夫!似合ってましたーー(≧∀≦)

 

全体的に、今後の雪組公演が凄い楽しみになってくる公演でした。

だいもんの歌がやっぱり凄い。トップスターだから1番歌う場面が多いのかもしれませんが、だいもんへの負荷が心配になっちゃった。汗

雪組生、頑張って〜〜

 

あと、きいちゃん、歌が上手なのは知ってましたが、ダンスも凄い踊れるみたいで、こちらもビックリ。 

 

 

ホント、次の大劇場公演が楽しみになりましたーーー!

 

 

Show Spirit『“D”ramatic S!』
作・演出/中村 一徳 

        にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
     にほんブログ村