宝塚観劇の日々

宝塚を中心に観劇の感想などを備忘録的に。。。

花組 邪馬台国の風(感想・ストーリー)

邪馬台国の風」の作品のあくまでも個人的感想です。

個人的に突っ込みどころが満載だと思ったので、突っ込みながらの感想になります。

ネタバレ含みますので、ご注意願います。

 

  f:id:annakobayashi060:20170521225301j:plain

両親を殺された少年タケヒコ(華 優希)を育ててくれるのが組長演じるお師匠さん。

はなちゃん、次の別箱公演でヒロインが決まっているので、本作とは別の意味でチェックしていたのですがかわいいですね。歌はわかりませんでしたが。

 

もうちょっと演出何とかならなかったのか?って思える感じで大人になったタケヒコ(明日海りお)登場。

主もですが、客席苦笑。これは狙って笑わせた演出なのか。。。

 

大人になったタケヒコが外出中にあんなにもお強いハズのお師匠さんが、攻めてきたクコチヒコ(芹香 斗亜)たちクナ国の兵士たちにあっさり殺されちゃう。

これも、割と意味不明。殺す理由が弱くないか・・・・?

クコチヒコがもの凄く強いのかと思えば、そのあと、マナ(のちの卑弥呼。仙名 彩世)を襲っているところを、あっさりタケヒコに返り討ちにされるし。

その割に、タケヒコ、強そうに見えないだよなぁーー(イスファンディアールの時は強くてカッコよかったのに※前作の役柄です)

 

運的出会いを果たすタケヒコと、マナのシーンも、マナの予言?もなんだか微妙。

意味深なことを言ってるけど、結局回収されてないですよね?(主の理解が足りないだけかもですが)

新トップコンビとしてもっと、ラブストーリー中心にするならもうちょっと膨らましてほしいかなぁ~。

 

邪馬台国の兵として、やっと ちなつさん(鳳月 杏)れい(柚香 光)マイティー(水美舞斗)あと、しろきみちゃん(城妃美伶)が出てくのですが、このあたりのキャストの描き方も微妙。

ちなつさんは兵士の長ってことでカッコいいけど、ちょっとしか出てきてないし、れいちゃんも地味な役。ソロで歌う場面とかあるけど、全然目立ってない。地味な役。

あっ、でも お歌は少しうまくなってましたね(本人比)

しろきみちゃんは兵士の中で紅一点なので、そういう意味では目立ってたけど。

声が出ないってことで、ジェスチャー過多になるマイティーがいちばんおいしい役かも。目立ってたし、マイティーの場面ではみんな(客席)思わず笑っちゃう。

個人的には、マイティーの役の年齢設定が気になったけど・・・火事の中れいちゃんを助け出すことができるって、子供じゃ無理じゃね?ってことは、れいちゃんより年上だよね?見えないんですけど。。。。(私が背景設定を誤解してるのか)

 

あと、れいちゃんたち兵士の恋模様らしき感じのシーンが出てくるけど、それ必要?

必要なら、もっと描いてほしい。弱いよ・・・・(ってか不要だよ)

 

合間合間に、キキさん(芹香 斗亜)歌うシーンで出てくるけど、敵国との対立を描くために入れてるのかもしれないけど、そもそもその対立が弱いんだよ。。。

キキさんはカッコいいけど。

やっと、2番手として悪役を演じてくれて、ポスターでもカッコよかったし、実際のビジュアルも格好良く決めてくれたのに、とんだキキさんのムダづかい。

そもそもクナ国との対立の描き方が弱いのに、倭国で内乱?を企むあきら(瀬戸かずや)演ずる王と、卑弥呼の失脚を企てるアケヒ(花野じゅりあ)が目立ってて、どっちも中途半端。

 

まんまとアケヒの企みで窮地に陥ってしまうタケヒコの盟神探湯(クガタチ)のシーンとか、組子を使って強引に盛り上げてるとしか思えない。

 

その後も、神の声が聞こえなくなってしまった卑弥呼が、これまた唐突に神の声を取り戻したり。都合がよすぎやしないか?

 

そして、問題の後半部分ね。

マジでかっ∠( ゚д゚)/   そんなあっさり死んじゃうの?(味方も敵も)

なのに、都合よくタケヒコだけは生き返っちゃうの(生き延びる)のかよっ!と突っ込まずにはいられない展開。

主、ポスターとか見た時に、昔の少年漫画みたいな絵だなぁ~と思ったのですが、そんな感じ。主人公は都合よく生き残る。(って昔の少年漫画知らんのですが ←テキトー)

 

 

終わり方も、ゆる~く中途半端な感じで。

「えっ?これで終わり・・・?」と思いつつ幕が下りたのでした。

 

 

 

古代ロマン『邪馬台国の風』
作・演出/中村 暁 

       にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
     にほんブログ村